フェンスター管弦楽団の演奏会チケットをご案内しています。

第3回定期演奏会

FPO3rdchirashi_set.jpg日時: 2016年6月11日(土)13時半会場 14時開演
場所: 練馬文化センター 大ホール (西武池袋線・都営大江戸線練馬駅より徒歩1分)
演目: ドビュッシー 『牧神の午後への前奏曲』
     ラヴェル『高雅で感傷的なワルツ』
     ハチャトゥリヤン 交響曲第1番 ホ短調 (アマチュアオケ初演)

指揮: 山口琢也

入場料: 500円(全席自由)
※練馬区民のみなさまは無料でご招待いたします。区民であることを証明できるもの等をご持参の上、ご来場下さい。
※枚数限定で、無料ご招待チケットをご案内させて頂いております!是非ご利用下さい。

『Turning Point』

  • 第3回演奏会では、音楽史や作曲家自身の生涯の中で「ターニングポイント」となった画期的な音楽をお送りいたします。オープニングのドビュッシー作曲「牧神の午後への前奏曲」はそれ以前とそれ以降に音楽の歴史が分けられると称されるほどの衝撃的作品として登場しました。次にお送りするラヴェルの「高雅で感傷的なワルツ」は、3拍子というワルツの制限の中でそれらを完全に分解再構築し、3拍子の空間がもつ可能性を拡大し、後に「ラ・ヴァルス」などの作品につながる重要な意味を持つ作品として認識されています。そして何よりも今回「第3の窓」として3回目の演奏会には大きすぎるチャレンジをするのが、メインとなるハチャトゥリアンの「交響曲第1番ホ短調」です。ハチャトゥリアンがモスクワ音楽大学の卒業作品として、自身の出自であるアルメニア・グルジア・カフカスの音楽を取り入れた野心的作品で、その後のハチャトゥリアンの様々な作品の原点をここに見ることができます。なぜこの作品が見過ごされてきたのかと疑うほど瑞々しく、叙情的かつ情熱的な音楽に皆さまのハチャトゥリヤン像が大きなターニングポイントを迎えるかもしれません。

C.ドビュッシー作曲 牧神の午後への前奏曲

  • 1894年に発表されたこの音楽は、けだるいフルートによる全音階の下降と付随する3全音の上昇というモチーフが一瞬にして牧神の世界にいざなう印象派音楽の最高傑作であり、ドビュッシーの最も成功した音楽の一つである。バレエ・リュスがニジンスキーとともに公演したこの曲のバレエもセンセーションを巻き起こしたことは有名である。

M.ラヴェル作曲 高雅で感傷的なワルツ

  • 1911年にピアノ版が作曲され、翌12年にオーケストラ版が発表された。このころのラヴェルはワルツという形式に魅了されており、シューベルトの「高雅なワルツと感傷的なワルツ」に影響を受け、後にラヴェルの代表作の一つとなる「ラ・ヴァルス」に先んじて今回演奏する「高雅で感傷的なワルツ」を作曲した。楽曲は8曲から構成されており、様々なリズムの変化により表情豊かに演奏される。最後の8曲目はそれまでの音楽を回想しつつ、眠るように空間へ溶けていく。

A. ハチャトゥリアン作曲 交響曲第1番 ホ短調

  • ハチャトゥリアンはグルジアで生まれたアルメニア人で、「ガイーヌ」、「スパルタクス」といったバレエ音楽で有名である。出自であるアルメニアやグルジア、カフカスといった黒海やカスピ海あたりのヨーロッパとオリエントが入り混じる音楽を得意とし、誰もが聞いた瞬間に「ハチャトゥリアン!」と思わせるほどの独特の響きを持つ音楽を生み出してきた。交響曲ではソヴィエト社会主義の勝利を描いたとも言われる第2番「鐘」や、3本の通常のトランペットに加え15本のソロトランペットやオルガンを必要とする獰猛な響きの第3番が有名であるが、この交響曲第1番はそうした後の音楽の片鱗を感じさせるものの、青年ハチャトゥリアンがモスクワ音楽大学の卒業作品として初めて書いた交響曲であり、アルメニアやグルジアといった地域の叙情的なメロディーが溢れる爽やかな風を感じられる秘曲である。70年代の日本初演以降、目立った演奏記録が見当たらず今回の演奏は「アマチュアオケ日本初演」と銘打ってこの名曲をお届けしたい。


チケットのお求め方法

当日会場にてお求めください

フェンスター管弦楽団のチケットは、当日窓口清算を基本としております。団員から直接入手された方以外は、当日入り口にて当日券をお求めください。なお、各演奏会においては無料招待券の配布や、区民無償ご招待等のサービスを実施している場合がありますので、HPをよくご確認いただけますようお願いいたします。

ただ今ご案内中の特別チケット企画

下記フォームより、枚数限定で「第3回演奏会無料ご招待チケット」をご予約いただけます!!チケットは当日開場の1時間前からホール入り口の受付にて実券と交換して頂けます。